サクライロノセカイ/リリカルなのはなお話

えびえもん兼いかじゅんのブログです。リリカルなのはの二次創作などを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気になる人の寝顔


なんとなく家を訪ねてみたら、お話しようと思っていた相手が椅子に座ってぐっすり眠っていました。

もしそれが、その人が貴方にとって気になる人だったら……貴方はどうしますか?

「…………すぅ」

「うにゃ?」

ぱちくり、物珍しそうに目を瞬かせたのは、金色の髪と別に本人はいらないのに、実に女性的に恵まれた容姿を持ってしまった青年、紅 刹那だ。

彼の目の前には、これまた非常に美しい容姿と桜色の髪を持つ女性、芳乃シグナムが……安らかな寝息を立てて熟睡していた。読書中だったのだろう、今にも手から落ちそうな本を刹那はスッと取りテーブルに置き、何処からか取り出したタオルケットを掛けてやる。

「さて……」

起きる気配は全く無いし、熟睡している彼女を起こしてまでする用事は自分には無い。

と言う訳で――

(別に他意はないですよ、他意は)

誰に言い訳しているのだろうか? 心中でよく判らない言い訳をしながら、刹那は椅子に座り手の届く範囲で、尚且つ目の前にいるシグナムの寝顔を観察し始める。

他意はない、他意は。若干、顔がいつもより熱を帯びてきた気がするが、気のせいだ。気のせいったら気のせいだ。

暫く穏やかな寝顔を見つめていた刹那が、スッと手を伸ばし人差し指を立て……ぷに、とシグナムの頬っぺたに触れた。

「う……ん……」

(柔らかい……)

僅かに身動ぎしたが、相変わらず起きる気配のないシグナム。そんな彼女の様子を余所に、刹那は何度も頬っぺたをつっつき、やがて短い距離をさらに詰め、じっくりと彼女の顔を観察する。

こうして見ると、まだあどけなさが残る顔。それなのに、戦っている時は相手を圧倒的する鋭い表情を見せたり、時折『魔法使い』……彼女の姉と同じ魔女の様な表情をしたりするのだから、驚き物だ。

「テスタロッサ……その資料は私の研究成果だ、間違っても燃やすなよ……」

……どういう寝言なのだろう、一体。まぁシグナムがここに来る前の事を考えれば、判らなくはないが……どうしてフェイトちゃんなのだろうか? と言う疑問が当然の如く浮かんだが、きっと天然少女は夢の中でも天然少女なのだろう、と間違ってはいないがさりげなく酷い解釈をする刹那。

――同時に、小さな苛立ちが彼の中で波を立てる。自分が目の前にいるのに、全く別の人間の夢を見るなんて……そんな、独占欲にも思える感情を彼はすぐに消し去る。

(……かったるい)

どうして、自分がそんな勝手な感情を抱く必要が有るのか。思わず、心の中でいつもの口癖を呟く刹那。そうして、ゆっくりとシグナムから離れた――その時、その彼の手を引き止めるように掴み、言った。

「――刹那……あんまり泣くなよ、バカ者」

「なっ……」

バカはどっちだ、誰の所為だと思ってる……なんて事を言いかけたが、ギリギリで踏み止まる。

(ホント、どんな夢を見てるんだか……)

全く、と先程より赤くなった顔を誤魔化すように心の中で呟く。ただ、その表情は慈愛に満ちて、とても穏やかな優しい表情だった。

――ふと、彼がまたシグナムの顔を間近で見つめる。しかも、先程よりも近く、いつの間にかテーブルを挟んでいない状態になっていたので、殆ど距離がない。

(……あの時のお礼と、いつもの仕返しかな)

お礼は、自分が今ここに、彼女の傍で生きていられる事へのお礼。仕返しは、セクハラじみたデリカシーのない発言と、いっつも時間に遅れる事への仕返し。

ゆっくり、その状態から顔を近付け――誰も見ていない二人の影が、そっと重なった。

それは、僅か数秒にも満たない時間で、一つになった影がまた二人に戻り、刹那は時間にしては十分程前に歩いた道を引き返し……部屋のドアを閉める時、小さくだが呟いた。

「――またね」



……完全な余談だが、妙に上機嫌な状態で彼が帰って来たのを星光の名を持つ少女が目撃し――帰宅した姉と主が、“何故か”顔を真っ赤にした彼女を目撃したのは、まったくの余談である。













────────────────────

烈火の翼を書けるだけの気力が戻ってきたので、先行して書いてみた小ネタ。ちなみに、別パターンは寝ぼけたシグナムが刹那を押し倒して……まぁいろいろなる話。でも、押し倒しネタは『なろう』で投稿していた初期作品でやってたので没に。

……さらにちなみに、最後“何故か”顔を真っ赤にしていた彼女ですが……どうしてかは、ご想像にお任せします(笑)
スポンサーサイト
  1. 2012/10/18(木) 02:36:38|
  2. 小ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<桜の想い | ホーム | 続くか不明な小ネタ>>

コメント

刹那とシグナムの距離感が良かったです!

彼女の顔が真っ赤だった理由……ええ、分かりましたともうん(ぉぃ
  1. 2012/10/18(木) 07:06:50 |
  2. URL |
  3. フルカスタム #G7LvmW4Y
  4. [ 編集 ]

>フルカスタムさん

近すぎる事もなく、けれど遠いと言う事もなく、なんともまぁ微妙な関係なのが二人であったり(笑)

赤くなっていた理由は……はい、想像にお任せしますww

感想ありがとうございましたm(__)m
  1. 2012/11/06(火) 17:41:35 |
  2. URL |
  3. いかじゅん #3/2tU3w2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freedomzer.blog.fc2.com/tb.php/42-e5d15abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。