サクライロノセカイ/リリカルなのはなお話

えびえもん兼いかじゅんのブログです。リリカルなのはの二次創作などを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔法少女リリカルなのはA's 通りすがりの魔法使い 第2話

人の印象と言うのは、近くで見ている人間と遠くで見ている人間によって違いがある物だ。

例えば『紅 刹那』と言う人物がどんな人間か、と言うのは人によって大分変わるだろう。

成績優秀スポーツ万能、そして学園の生徒会長――それが周りの人間から見た紅 刹那の印象。つまりは、『完璧な人間』と言うのが正しいだろうか。が、これは刹那の身近な人間からすれば簡単に覆ることだったりする。

例えば……おそらく今、彼との距離が(いろんな意味で)近いだろうシグナムに聞けば、こう返ってくる。

「アイツが完璧? ……確かにいろいろと器用で気が利く奴だが、別に完璧と言うほどでも無いだろう。ちょっとした事で、変に怒る奴だからな」

ちなみに、その“ちょっとした事”とは、初っぱなからセクハラまがいの事をしたりした事なのだが、まぁここでは割愛しよう。

もう一人、彼と親しい人物……弟子である高町シュテルに訊いてみたらこう答えるだろう。

「……まぁ、シグナムに会う前はそういう方でしたよ。『輪の中心に立つことはできても、輪の中に混ざる事はできない方』ですね。ですが、シグナムと出会ってからそれも変わりました。良い変化です」

珍しく嬉しげな笑みをこぼし、きっとそう言う筈だ。さてここでもう一つ、もし彼に誰かが戦いを挑んだらどうなるか? と訊いて見ると――

「アホだな」
「バカですね」

――と、一瞬で返ってくる。そして追撃で有り難い解説まで付いてくる事だろう。

「まぁ、神龍クラスをあっさりと鎮圧できる奴に挑む方が間違っているな」

「少なくとも、私を倒せない様ではシグナム……そして師匠には、天地がひっくり返っても勝てないでしょうね」

――ただ、それを知らずに挑んだならば、些か同情を禁じ得ないな。そう、シグナムは最後に締めくくった事だろうか。奇しくもそれは、彼女がつい最近に戦った少女が相手だったのだが……それを彼女は知る由もない。

翼が羽撃たく。時間を、空間を、あらゆる次元界を統べる純白の翼。二枚一対の実体を持った翼は、その力を振るい終えた直後に所持者の意思に従い羽を撒き散らし消え失せた。

舞い散る純白の羽は、幻想的な迄の美しさを醸し出す。しかしそれは、それを見た少女に対する何の慰めにもならず、その美しさですら持ち主の美しさを引き立てる背景にしか過ぎない……そんな人物こそ――紅 刹那。

「さてと、今度は俺から質問――」

「答える……つもりはねぇ!!」

いつもの彼とは違う口調で言った言葉は、ヴィータが武器を構え突撃した事により遮られた。まぁ確かに、ヴィータがわざわざ答える義理もない。何せ、強引に襲いかかった“犯人”と呼べるのは彼女だ。

だから、今から相手を倒す自分がその相手の話を聞く筋はない。そしてもう一つ――ヴィータの戦場の勘が告げている。こいつは危険だ……と。

そしてグラーフアイゼンが叩きつけられる瞬間――刹那が何かを呟いた。

「……全く、かったるいですね」

「なっ!?」

呟いたその瞬間、ヴィータの視界から彼は消え失せる。結果、グラーフアイゼンは地面に叩きつけられ、その威力でコンクリートの地面が叩き割られて粉塵を上げた。その粉塵を振り払い、一瞬にして消えた相手を探すヴィータを嘲笑うように、刹那は彼女の後ろ……離れた場所に立っていた――その手に、ヴィータが被っていた帽子を持って。

「じゃあ改めて、二つほど質問だ」

「んな……!?」

いつの間に、と言う言葉は続かず、手に持った帽子を何度も投げては取りを繰り返しながら、彼はヴィータを鋭い瞳で射ぬき言う。

「一つ目、お前の目的はなんだ? その反応を見るに、俺だけ狙ってる訳じゃないんだろ?」

「…………」

「ま、答える訳がないか。どうせ関係ないしな……二つ目、お前の目的は俺に危害を加えないとダメなのか?」

「――殺しはしねぇ」

つまりは、それが答えだった。殺すつもりは無いが、危害は加えると言う事だ。ふむ、どうしようかと考える刹那だが、その答えは既に出ていると言っていい。

その手には、いつの間にか蒼い刀が握られていた。そして、ヴィータに帽子を投げ返してから、告げる。

「じゃあ、一撃で決めるか。お前の全力の一撃……それで向かって来い――加減するのは、かったるいんだ」

その言葉に、ヴィータの瞳は明らかな怒りを灯した。バカにされているとも取れる言葉に、騎士としてのプライドが黙っていない。

「その言葉……後悔すんなよッ!!!!」『Gigant Form』

デバイスのカートリッジがロードされ、ヴィータは空中に躍り出る。そうして彼女がアイゼンを振り上げると――その大きさは、数十倍にまで膨れ上がった。人間など比べるだけ馬鹿らしく、言ってしまえば怪獣の様な大きさになったそれを、ヴィータはいとも簡単に操り……怒れる瞳で刹那を睨み付け、勢い良くグラーフアイゼンを振り下ろした。


「轟天爆砕――ギガントシュラァァァァァァァクッ!!!!」


それはまさに『巨人の一撃』。その圧倒的と言える一撃は、数秒足らずで彼に襲い掛かるだろう。だが、刹那は逃げようとはしない。

……必要ないからだ。彼が刀を水平に構え、左手で刀身に触れる。すると、彼の周りに冷気が渦巻き集束する。彼を包み込む渦となったそれは、一瞬にして刀と同化し力を与える。そうして瞳を開いた彼は、巨人の一撃をつまらなそうに見つめ、言った。

「はぁ……やっぱ加減するのも、かったるいんだけどな」

告げるは、その技の名。決するは、彼の名の通り――刹那の一瞬。


「舞い散れ――雪月華(せつげっか)」


瞬間、刹那の姿が消える。

――刃が煌めく。目に見えぬ程に、凄まじい速度で。数え切れぬ程に、凄まじい数が。

一瞬の交錯。たったそれだけ……それだけで、勝敗は明らかだった。ヴィータが不自然な形で崩れ落ち、巨大化した部分が“粉々に斬り裂かれた”デバイスと共に落下する。

全くの無傷で、ヴィータより早く地面に着地した刹那は、ポツリと呟いた。

「悪いな……ケガすると、怒る奴がいるんだ」

刀を払うように一閃させ、済まなそうに言う刹那の視線の先では、最後の力を振り絞ってデバイスが衝撃吸収用の魔法『ショックアブソーバー』を展開しヴィータを受け止めた。

彼女の展開した結界が消えていく……彼の“翼”の力で他の者にバレ無いように偽装していたとはいえ、根本的な部分は変わらないので当然と言える。つまり、外からの干渉を受ける様になったと言うこと。

何が刹那に接近する……身体を屈め高速で突進し、一撃で決めるべく拳を握りしめ――

「迅いね……けど、遅い」

「!!」

また、それとは違う何が割って入る。高速を遥かに上回る“神速”で間に入った何かは、相手の拳を手に持った刀の鞘で受け止め、一瞬の間も与えず相手を弾き飛ばす。
弾き飛ばされた相手も、ただ飛ばされるのでは無く受け身を取り体勢を整えた。

「チィ……!!」

その相手……仮面を付けた――体格的には男だろうか――人物は、再び仕掛け様と拳を構えた。が、その瞬間、金色の髪が“目の前で”フワリと揺らめく。

「だから、遅いよ」

ルビーレッドの瞳が男を射ぬき逃さず捉え、神速の動きが仮面の男の動きを止める。反撃する事も、ましてや逃れる事も出来ない男は……苦し紛れにも見える、反射的に展開した防壁に頼るしかない。

――それすらも、無意味なのだから。

「総天烈火(そうてんれっか)流抜刀術――閃華(せんか)・瞬(またたき)」

閃華・瞬。その名の如く、見えない“何か”が瞬き障壁を紙の様に斬り裂きそのまま仮面の男すらも横殴りに吹き飛ばした。

……今度はまだ見える範囲で閃光が華の様に煌めいた時には、仮面の男は公園の木を薙ぎ倒しながら土煙を上げて漸く止まる。恐らくやり手だろう仮面の男が、受け身を取ることすら出来なかった。

それだけの技を、突如現れた少女が繰り出したのだから驚愕だろう。ましてやそれが、まったくのノーマークだった人物ならば。

ウェーブのかかった金色の髪、彼女の家族とも親友とも旅仲間とも言える人物とは対極的な、ルビーレッドの瞳。そう、八神 はやての家に絶賛居候中の――リリィだった。

暫く観察するように土煙を見ていたリリィだったが、何やら表情を変えて刀を引き抜くと……折れた。そりゃあもう、凄く見事に真っ二つ。折れた刃は力なく地面刺さり、もはや刀としては機能してはくれない。

それを見たリリィが、困った様な表情で言った。

「えっと……峰で打っ叩いたのはマズかった?」

「そもそもな話、貴方の剣速に耐えられなかったのも原因でしょうに」

はぁ、とため息を吐きながら彼女の後ろに刹那が歩いてきた。いつもとは違う口調だったからか、リリィは少し違和感を感じる……が、今は敢えて無視して折れた刀の話に移った。

「や、この程度に耐え切れない様じゃ困るんだけどなぁ……」

「知りません。そう思うなら、さっさと兄の元に戻ってください」

「う……そのね弟くん、こういう形で別れたことなかったから、いざそうなると気まずくって……」

「それこそ知りませんよ。なんで、俺が兄さんと貴方の恋路をサポートしなきゃいけないんですか」

かったるい、とお決まりの口癖を最後に付けた刹那に、リリィは曖昧に笑いながら顔を赤らめる。まぁ、直球に“二人の恋路”と言われてしまうと凄く恥ずかしい。

だが、和やかな雰囲気は一気に霧散する。リリィが鋭く目を細め、言う。

「しっかし――案外しぶといね」

土煙の中から出てきたのは……先ほどより何処か動きがぎこちない、仮面の男。あばら骨の一本や二本……で、済んでいればラッキーだろうか。恐らくは、もっと逝っている。

「貴様……ぐっ!!」

「タフだね……あんまり喋らない方が良いよ。それとも、私が戦える事が不思議? まぁ当然か――はやてちゃんの家だと、貴方たちに気付かないフリしてた訳だしね」

唖然としているのか、それともどう動くか決めかねているのか、どのみち仮面で表情は見えない。

そもそも、相手が『ジャンヌ・ダルク』と言う人物を知っていれば、警戒も出来、このような結果にはならなかったのかもしれない。しかし、所詮は『かも』『もしも』の話。敢えて言うなれば……いないだけで寂しさを感じる程、大切に思っている人物を“何の力も無いのに旅の中で一人で自由にさせるか”……と言う事だ。

つまりは、今の状態も彼女の実力は信用しているが、それを心配が上回っているのだろう。本人は、絶対に認めはしないだろうが。

「それと……そっちの奴も出て来いよ」

今度は刹那。彼が髪を揺らし、そう言った先には無数の森林がそびえるだけ。だからこそ、彼ら程の腕ならば身を隠すことなど赤子の首を捻るより容易いこと。が、それも刹那には通用しない。

そして、同時にこれは警告ではない、“忠告”だ。フッと、口を僅かに上げた刹那が続けた。

「でないと……かなり痛いと思うぜ」

凄まじい“冷気”が流れ、妹と同じく凛々しく美しい声が響いたのは、その忠告から半瞬後のことだった。

「舞え、氷輪丸――氷柱舞(つららまい)」

冷気が勢いよく駆け巡った直後、リリィが相対する男とまったく同じ姿の仮面の男が、何かから逃れるように転がり出てくる。その“何か”は、2メートルは在ろうかと言う“氷柱”。それが次々に地面から姿を現し、仮面の男に迫り来る。

それは仮面の男が迎撃しようと、体勢を整えた時に彼の一歩手前で停止する。無論それは、術者の意思による物。
その術者は、一歩、また一歩と姿を現す。手に持った刀からは、未だ途絶える事のない強烈な冷気が溢れ、彼女の意思一つで氷柱が砕け散る。

それにより風が起こり、彼女が羽織った着物と金色の髪を揺らす。そうして、月明かりが照らす彼女はその少女的な容姿とは裏腹に美しく――まるで魔女のように、妖艶な雰囲気を見せていた。

「ッ……」

サファイアブルーの瞳が、月明かりの中から静かに仮面の男を射ぬく。これが、“ただの少女に見つめられていただけ”なら、仮面の男は即座に撤退、もしくは他の策を練ることが可能だった事だろう。
しかし生憎、目の前にいるのは“ただの少女”では無い。長年培われてきた勘か、それを理解しているのか仮面の男は動けない。動いた果てに見えるのは……絶対的な“敗北”のみ。

未来予想じみた“勘”を持つ少女の妹を以ってしても、未だかつて何事に於いても勝てたことが無い……そう言わしめるだけの実力が、彼女には備わっている。

彼女こそ、世界に五人しかいない“カテゴリー5”の魔法使い。その中でも、最強の魔法使いとされる天才。孤高のカトレアの再来。

そして何より――“あの”芳乃シグナムの姉。もう一人の『芳乃さくら』その人。

リリィ、紅 刹那、芳乃さくら……この三人を知る人からすれば、どんな緊急事態だとツッコミが入りそうなこの面々。

規格外も規格外……だが、これでまた――歪んだ物語は加速する。少し時間は遡り、公園からかなり離れた魔力“結界内”。空間内の空中に立つ人影は三。

二人一組として立つのは、復活した高町なのはとフェイト・テスタロッサ。各自のデバイスも、前回の大敗からか強化され『カートリッジシステム』まで搭載された新型になっている。

――だが、彼女らが相対しているのは、再び相対したかった人物ではなかった。

無造作に伸ばされた栗色の髪と、純白のコートが強い風に揺れる。悠然と滞空する彼女は、真意が解らない微笑を浮かべている。

「――初めまして。フェイト・テスタロッサ。そして、高町なのは」

そんな彼女は、平然と二人の名を言い当てた。その微笑の所為もあるのか、それとも前回の出来事からかフェイトは警戒半分、残りは油断、と言う訳ではないが隣にいる友達と“同じ容姿”と言う事もあり、少し気の緩みがある事は否めない。

しかし、背丈を除いて彼女と同じ容姿の高町なのはは違った。いつもは優しげな瞳は鋭く細められ、相手の動きをただ一つも逃すまいと睨み付ける。それを見ても彼女は微笑を浮かべていたが、内心は少し驚いていた。

(へぇ……獅子の子は獅子ってことね)

御神の剣士、高町士郎の娘にして高ランクの魔導師、それが高町なのは。確かに、獅子の子は獅子と言えるか。けど、彼女にとってそれはさほど重要ではない。重要なのは、彼女らが己の願いを叶えうる存在か、という部分のみだ。

ふと、微笑が消え失せ……オリジナルと同じ、感情の起伏が少ない表情へと変わる。それを即座に察知したなのはとフェイトは、強化されたデバイス『レイジングハート・エクセリオン』と『バルディッシュ・アサルト』をそれぞれ構えた。

「自己紹介、としましょうか」

とは言っても、彼女らのような名前は無いのだが。在るのは、構築体(マテリアル)としての名と、出来損ないを示す名だけだ。

「理‐ことわり‐のマテリアル……出来損ないの魔法使いとでも呼んでちょうだいな。そしてこの子は――」

純白のロングコートが薄い光を放ち、彼女の背中から2対の機械的な翼が生え、それは何処か美しくも……悪魔の様な雰囲気を出している。

白の天使は告げる。魂を、魔を狩る者の名を。

「『ルシフェリオン・シュロウガ』……覚えて於いても、損は無いかもね」

白の天使が魔王の月剣‐つるぎ‐を引き抜き、祈りを与えるように刃に手を滑らせる。それに応じるように、彼女の周りに十個の剣――ソードビットも滞空する。

フフッ、と妖しく、妖艶に笑う彼女は美しく――何処か儚げで悲しくも在ったと、フェイトは感じてしまっていた。

「さて――貴方達は、私に何をもたらしてくれるかしら?」

その答えは、まだ誰も知らない。けれど確かに――歪んだ物語は、また加速する。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/27(月) 00:33:30|
  2. 魔法少女リリカルなのはA's
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<魔法少女リリカルなのは 烈火の翼 外伝『出来損ないの魔法使い』その一 | ホーム | 魔法少女リリカルなのはA's 通りすがりの魔法使い 第1話>>

コメント

何てオーバーキルな(^◇^;)コレに勝てと言うのが無理じゃないですかw

しかし理の方のマテリアルがシュロウガとは……元ネタを考えると力の方かと思っていたのでちょっと予想GUYデシタ(ぇ

P.S.先週のBLEACHを読んでいたら、剣八に瞬殺された3人のシュテルンリッターの内2人の能力が拙作に出そうとしていた(しかも冬獅郎達と戦わせる予定だった)オリキャラの能力と被ってて吹きました(笑)

取り敢えず能力の説明中に喉を引き千切る剣八っつぁんマジ半端無いとry)
  1. 2012/08/27(月) 08:10:45 |
  2. URL |
  3. フルカスタム #nJlylIdQ
  4. [ 編集 ]

>フルカスタムさん

感想ありがとうございますm(__)m

まぁ、名実共にチートなせっちゃんですからww だからこそ、主人公には向かないのですが。

シュロウガに関しては、元ネタの設定だからこそ彼女になりました。それもこれからですね(笑)

次回をお楽しみに!!


PS.何という偶然……ww まぁでも、八っつぁんですから(笑) 自分的には、最近の兄様の扱いの方が辛いです(泣)
  1. 2012/09/25(火) 22:21:28 |
  2. URL |
  3. いかじゅん #3/2tU3w2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://freedomzer.blog.fc2.com/tb.php/33-b9a6410c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。